自律神経失調症は克服できる|治療に最適な栄養素について知ろう

人参に含まれる成分が人気

老夫婦

人参に多く含まれているサポニンが人気になっており、成分を摂取する事で多くの効果があるため評判が良いです。サポニンを摂取する事で代謝や血行が良くなりますし、免疫力が向上して風邪や病気に強くなるためオススメです。

Read

最新のホルモン成分

薬を飲む人

更年期障害をサポートするのが女性ホルモンの不足を補うサプリメントです。大豆イソフラボンは更年期障害に効果があるサプリとして有名ですが、最近はスーパーイソフラボンの「エクオール」に注目が集まっています。

Read

大豆製品に含まれます

治療薬

効果が期待できます

自律神経は人間が意識しないところで、身体のコントロールをしてくれている神経です。例えばいつも行っている呼吸の大半は、自律神経がコントロールしてくれています。しかし自律神経によるコントロールが、上手く出来なることがあります。これを自律神経失調症と呼んでいるのですが、その要因の一つが女性ホルモンです。女性ホルモンは自律神経の働きに深く関与しますが、更年期になると分泌量が減少します。そのため更年期になると、自律神経失調症になる人が増加するのです。したがって更年期の自律神経失調症の治療には、女性ホルモンを補うと改善し易くなります。その点においてイソフラボンは、女性ホルモンと似た構造をしているのです。こうしたことから更年期の自律神経失調症の治療は、イソフラボンを取り入れると効果が期待できます。

本来のスタイルに戻す

このように更年期の自律神経失調症の治療に効果のあるイソフラボンは、食品のなかに含まれています。イソフラボンは複数の食品に含まれていますが、日本人に馴染が深いのは大豆製品です。日本人の食生活において大豆製品は、とてもよく使用されてきました。例えば味噌汁を作るための味噌の原料は大豆で、大豆を発酵させることで味噌ができるのです。また調味料としてよく使用する醤油も、同じように大豆を発酵させて作られています。このように大豆製品は、昔からの日本人の食生活をしていると、自然に摂取できる成分なのです。ところが最近の日本人の食生活は、本来のスタイルから乖離するようになっています。したがって食生活を本来のスタイルに戻すと、更年期の自律神経失調症の治療に役立ちます。

肌も体もゆらぎがきな世代

メディシン

大豆イソフラボンが女性ホルモン様の働きをすることは有名。でも、大豆を摂取しても、その恩恵を受けられる人と受けられない人がいます。そこで脚光を浴びているサプリメントが、誰でも大豆イソフラボンの恩恵を受けられる「エクオール」という成分。女性ホルモンに似た働きが期待でるので、毎日摂り続けることが大切です。

Read